HOME > 採用情報 > 先輩からのメッセ-ジ

採用情報

先輩からのメッセ-ジ

毎日が新しい知識との出会いです。私達と一緒に成長しませんか?

2018年入社<K.H>

仕事内容

道路工事の図面作成や交差点部の信号時間の検討等を行っております。まだまだ分からないことが多く、大変なこともありますが、周りの先輩や上司の方々には気軽に質問できるので、安心して業務を進めることができます。昨日まで解らなかったことが解るようになることはとても楽しく、技術者としての成長を実感できます。

メッセージ

私は、学生の頃は建設コンサルタントという業界の仕事に関しての知識があまりありませんでした。しかし、会社説明会で社内の見学や先輩社員と話せる機会があり、この会社の仕事内容や雰囲気が自分には合っていると感じたので入社を決めました。入社の最後の決め手になるものは実際に自分の目で会社を見てどう感じたか、だと思います。

2017年入社<T.S>

仕事内容

高速道路、市道、町道等の設計業務に従事しています。「設計」と聞くと、黙々と設計図面を作成する仕事、と思われがちですが、実際はそうではありません。当然設計図面の作成も手掛けますが、発注者が抱える問題に対し、技術的な解決策を提案する、いわゆる「コンサルティング」を行うことも大切な業務の一環です。建設コンサルタントの仕事は、人々が安心・安全・快適に生活できるよう社会基盤を支えることです。

メッセージ

道路設計は、道路に関する知識ではなく、橋梁、河川、トンネル、道路に附帯する構造物などの様々な知識が必要となります。「土木は、経験工学」というだけあって、マニュアルが適用できないことが多々あり、毎日が勉強の日々です。しかし私はそこにやりがいを感じています。自分の考えや意見を伝え議論を重ね、一つの成果を作り出すことが、この仕事の醍醐味だと思います。

2017年入社<D.K>

仕事内容

上下水道設計グループの中で、私は主に配水場から各家庭に水を運ぶための配水管の設計を行っています。配水管の設計は、まず事前調査として地下に埋設されている物の情報を集め、さらに現場を自身で確認してから設計を開始します。事前調査で集めた情報をもとに新たな配水管を埋設する位置や、現場環境に即した施工方法等を決めていき、設計を進めます。

メッセージ

当社は、若手でも業務を背負って立てるという社風があります。熟練の技術者や他グループの助力を受けながら業務へ取り組むことで、自身の専門に加え他分野の知識も取り入れることが出来る為、自身の成長と共にやりがいを感じます。是非、私たちと一緒に、仕事を回す歯車としてではなく、モーターとして仕事をこなす楽しさを味わってみませんか?

2016年入社<S.J>

仕事内容

初めて担当したのは千葉県のとある自治体の橋梁調査です。初めての事ばかりで戸惑いながらも、先輩の後ろについて現場に行き、調査・記録をして最終的に報告書を作成まで携わりました。また次の構造物調査に取り組んでいますが、まだまだ未熟ですし、もともと器用ではないので、スピードよりも確実性を重視して頑張っています。

メッセージ

困っている人がいれば部署の枠を越えて手を差し伸べ、一緒に解決の道を探す。それが、技術力とともに脈々と受け継がれてきた当社の暖かな社風だと感じています。頑張る人間の応援をしてくれます。その環境で1年間学んだ私自身、期待と不安を同じくらい抱えて入ってくる皆さんをサポートできると思っています。「自然災害に強い土木構造物を作る仕事」と聞いて胸が熱くなるのを感じた方は、ぜひ思い切って飛び込んできてください。

2016年入社<S.Y>

仕事内容

1年目は発注者から借用した道路台帳をCAD化して、区画線を記入する作業をしていました。高速道路・国道・市道などあらゆる道路設計を行う部署の中で飛び交う専門用語を少しずつ理解し、仕事の進め方を教わってきました。最近上司に同行して打ち合わせや現地調査へ行く機会も増え、ようやく一人で進められる仕事が増えてきました。

メッセージ

女性技術者の比率は高くありませんが、女性の感性が仕事に活かせる場も多くあると思います。また、資格取得という目に見える形で、自らの能力を示すこともできます。少子化・高齢化が進み、人口が減少するなかで、道路という生活に不可欠なインフラにかかわる設計技術者ができることは何か。私たちと一緒に考えていきませんか!

2008年入社<K.N>

仕事内容

NEXCO東日本の出張所(横浜市)に常駐しています。工事期間中はここをオフィスとして使い状況に応じて担当工区へ移動し、施工管理を行います。現場には日々足を運び、施工状況等を確認しています。

メッセージ

道路・トンネル・橋梁など、日本全国で土木構造物の建設と維持管理に関わることができるのが、当社の施工管理事業部。転勤についてはいろんな考え方があると思いますが、私は技術者  としてステップアップできる良いチャンスだと捉えています。費用や住居の契約などは会社が全面的にバックアップしてくれますので、転居時にストレスを感じることもないはず。新しい赴任先でしっかり仕事をして、休日はその土地の名所探訪や名店めぐりをするのが楽しみです!

会社案内

業務案内

採用情報

お問い合わせ

 

新着情報

サイトマップ